姿勢資格のおすすめ情報サイト

姿勢の悪さは、身体の様々な部分に悪影響が及ぶため、正しい姿勢は重要です!そこで、美容・健康に良い姿勢が学べるおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説していきます。猫背改善・骨盤矯正もできるかも!?

MENU

姿勢の歪みで起こる症状

姿勢の歪みで起こる症状

姿勢に歪みが生じている状態は、骨盤や背骨が歪んでいる状態にあるということです。

背骨や骨盤の周りには自律神経が通っているため、姿勢が歪んでしまっていることで、さまざまな体調不良を引き起こします

その中でも姿勢の歪みで起こりやすい慢性的な症状3つについてみてみましょう。

姿勢の歪みが原因で起きやすい症状①頭痛

姿勢の歪みで起こる慢性的な症状のひとつとして頭痛があります。姿勢が歪んでいると頭の重さを首肩で支える際に、筋肉が緊張してしまい、脳に血液やリンパ液を上手に運ぶことができなくなります。

それにより酸欠状態となり、頭痛を引き起こしやすくなります。また、体内に老廃物が溜まってしまい、偏頭痛などの痛みを引き起こすこともあります。

姿勢の歪みが原因で起きやすい症状②首や肩のコリや痛み

姿勢の歪みにより頭痛を引き起こし、それとともに頭の重さを耐えることができない首や方にもコリや痛みなどの症状が起きやすくなります。姿勢の歪みによる血液循環の悪化は、さまざまな痛みを引き起こします

筋肉の緊張が続けば続くほど、その痛みや疲れは慢性的なものとなります。また、猫背による背中の痛みや、腰痛、膝の痛みなどの症状も姿勢の歪みと関連しています。

姿勢の歪みが原因で起きやすい症状③便秘

姿勢の歪みの影響は骨格や筋肉だけにとどまりません。内臓にも大きな影響を与えます。なぜなら、姿勢が歪むことで骨格や筋肉の位置が変わることで、内臓の位置も変わってくるからです。

たとえば猫背になっていると腸などの内臓が下がってしまい、便の通り道がなくなることで便秘となってしまいます。それにより肌荒れやむくみなどの症状も併発します。ですから、正しい姿勢を維持すれば、内臓は元の位置に戻り改善することができます

まとめ

健康な体を手にすることは、正しい姿勢を維持することにかかっています。ですから、正しい姿勢へと改善する方法を学ぶ必要があります。そこでおススメのツールは、すでに20,000人が受講している諒設計アーキテクトラーニングの「姿勢コーディネーターW資格取得講座」を利用です。

この講座は美姿勢資格取得を目指しながら、美姿勢を維持する実践的な方法を学べます。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?


TOP