姿勢資格のおすすめ情報サイト

姿勢の悪さは、身体の様々な部分に悪影響が及ぶため、正しい姿勢は重要です!そこで、美容・健康に良い姿勢が学べるおすすめの資格・講座についてわかりやすく解説していきます。猫背改善・骨盤矯正もできるかも!?

MENU

姿勢を崩さない椅子の座り方

姿勢を崩さない椅子の座り方

姿勢を良くすれば理想的なスタイル維持できることはもちろん、健康を手にすることも可能です。それには立っている時だけでなく、椅子に座っている時も姿勢を正して座る必要があります。

では、姿勢を崩さない椅子の座り方とはどのようなものでしょうか?3つのポイントをみてみましょう。

姿勢を崩さない座り方のポイント①骨盤を立てて座ること。

正しい姿勢は、椅子の座り方にも注意を払うことが含まれます。姿勢を崩さない正しい座り方は正座ですが、職場や外出先で正座ができる場所はほとんどありません。

また、正座は腰痛を抱えている方にとっては負担を軽くすることが可能ですが、膝への負担は大きくかかり、下半身の血流の流れが悪くなる、というデメリットがあります。しかし、椅子に座る際、正座のように骨盤を立てるように椅子に座ることで正しい姿勢を維持することができます。

姿勢を崩さない座り方のポイント②足を前後に置いて座ること。

骨盤を立てて椅子に座ったら、足を前後に置くようにしましょう。左右の足のどちらが、前や後ろになっても問題ありません。

後ろに置く足が上半身を支えてくれるので、安定して座れます。また、長時間座っていても疲れくくなり、姿勢を崩さずに座ることが可能です。

姿勢を崩さない座り方のポイント③背もたれをなるべく使わないこと。

正しい姿勢である骨盤を崩さない座り方をするためのポイントは、椅子に深く座り、背もたれに寄りかからないことです。浅く座ると骨盤を後ろに倒した状態で背もたれに寄りかかる姿勢となります。

そのため、腰の筋肉が伸びでしまい腰痛の原因ともなります。ですから、背もたれを使わないためにも、骨盤を立てて深く座るようにしましょう。これらの3つのポイントに気を付けて座れば、正しい姿勢を維持でき、猫背や腰痛、ストレートネックなどの予防や改善につながります。

まとめ

椅子に座る際、正しい姿勢を維持できるよう骨盤を立て、足を前後に置いて座るようにしましょう。そして、深く椅子に座って背もたれを使わないようにしましょう。

正しい姿勢の知識と技能は、3年連続口コミランキング第1位を獲得している「諒設計アーキテクトラーニング」の「姿勢コーディネーターW資格取得講座」を受講すれば、「姿勢コーディネーター」と「体幹コーディネーター」の2資格取得を目指しながら効率よく学べます。

この機会に講座を受講し、美姿勢を目指してみませんか?まずは無料の資料請求からはじめましょう。


TOP